ミルク育児で赤ちゃんは太るのか?

ミルク育児のトピックス

ミルク育児は赤ちゃんが太る?肥満な見た目で判断してはいけません!

投稿日:

ミルクはおっぱい(母乳)で育てるこどもより太りやすいと聞いたことがあるかもしれません。果たしてそれは本当のことなのでしょうか?今回はミルク育児で育てる赤ちゃんが必ずしも太るわけではないということを解明していきたいと思います。

実際に完ミで育った赤ちゃんは太ったのか?

完ミ育児3か月後
わが家の赤ちゃんは完ミで育てましたが、生後1ヶ月半後には見事に丸々としてきました(汗)
そして3か月後…。
上の写真を見ていただければわかる通り、見た目だけで言えば肥満児で間違いありません…。
しかし、成長曲線はど真ん中を進んでいて正常な範囲内でした。つまりは丸々見えているだけで、太っているわけではなく必要な成長だったということです。

一方、妻の友人夫婦も完ミで女の子を育てていました。
使用している粉ミルクメーカーは同じにも関わらず全然体重が増えず…。
結局、離乳食が始まるまで成長曲線の下ギリギリを推移していたそうです。

このようにどちらも完ミで育てたにもかかわらず、赤ちゃんの体重の増加には個人差が出ました。
このことからわかるように“ミルクそのもの”が太る原因ではないようです。

ミルクで赤ちゃんが太る原因はミルクの回数、量、作り方が問題かも

では“ミルク育児の赤ちゃんは母乳で育てるこどもより太る”という真相はなんなのでしょうか?
先に記述したとおり、ミルクは必ず太ると言い切れません。
そこで注目したいのが母乳とミルクの栄養分です。
お母さんの体調などで栄養分が左右される母乳に比べて、ミルクはいつどんな時でも栄養バランスが均一です。
ミルク育児の場合にはミルクをあげる回数や量が大体の目安で決まっています。そこを母乳をあげる感覚で赤ちゃんが泣くたびに(常に栄養値が高い)ミルクを飲ませていると…当然太りやすくなるようです。
つまりは赤ちゃんにミルクを必要以上に飲ませすぎないようにすれば太りすぎるのを抑えることができそうです。

また粉ミルクを缶タイプで購入する場合は注意が必要です。粉ミルクをスプーンで計量する際に「1杯」を「山盛り1杯」にしてしまうのは正しくありません。山盛りだと明らかに粉ミルクの成分が多くなってしまい太る原因となります。「1杯」の正確な量は「すり切り1杯」です。
※このすり切りを調整するのがメンドクサイ方は少し割高ですがキューブタイプやスティックタイプの粉ミルクを購入しましょう。

また、哺乳瓶の乳首は使用しているとだんだんと柔らかくなっていってしまいます。
柔らかくなった乳首は赤ちゃんが簡単に噛めるようになってしまうのであごが疲れにくくなります。するとどんどんと乳首を噛んで哺乳瓶のミルクを吸い出し、あっという間にミルクを飲んでしまいます。
赤ちゃんが小さいときはお腹がいっぱいになる感覚がはっきりないためいくらでもミルクを飲んでしまう子がいます。
ですので乳首の硬さは定期的にチェックをして、柔らかくなってしまった乳首は買い替えましょう。

赤ちゃんが太ってしまうから…と、やってはいけないNG行為

上記のことを注意しながらミルク育児をしていれば基本的には栄養を摂りすぎて赤ちゃんが太るということはなさそうです。
しかしミルク育児をしていく中で“目安”や“基準”を設定してしまうと、「うちの子、1日の体重の増加が大きい…。このままミルクをあげ続けたら太ってしまうかも!!」なんて思いがちです。
そんな時に“ミルクを薄めてあげるとよい”などという方がいますが、やめた方がよいでしょう。
というのもミルクは指定の分量で作ることで、赤ちゃんにベストな栄養バランスになっています。なので勝手に薄めたりして赤ちゃんにあげてしまうと栄養が不足してしまうことになります。

赤ちゃんの体重の増加がミルクのあげすぎな場合は赤ちゃんをよく観察してみましょう。
のどが渇いたという場合にもミルクをあげたりしていませんか?その場合は白湯や麦茶などを与えるようにしてみてください。

赤ちゃんが太っているかどうかを見極めるポイント

体重の増え方は個人差があるので、赤ちゃんなりのペースで順調に増えていれば問題ないです。母子手帳にある成長曲線の正常な範囲内なら、見た目が丸々していてもひとまずは大丈夫です。
成長曲線の上側を超すようならミルクの与え方や作り方を見直しましょう。
反対に成長曲線の下側に行ってしまっているようなら体重が増えなさすぎです。専門家に相談してください。

まとめ

ミルク育児は赤ちゃんが太ると言われたりしますが、実際のところはちゃんとしたスケジュールや管理をしてあげれば何の問題もありません。
むしろミルク育児に関して言えばあまりミルクを飲んでくれない赤ちゃんの方が悩みの種かもしれません。
太る=大きくなっているということはちゃんとミルクを飲んで栄養が行きわたっているということですので。

小さいうちにたくさんミルクを飲んでしまい「痩せない…」と感じているパパやママはは安心してください。離乳食が始まり、ミルクの回数が減ってきてハイハイをどんどんするようになれば自然と体つきがスリムになってきますので。
ただし今度は離乳食が美味しすぎてどんどん食べるようになってしまうという違う悩みが発生するかもしれませんが(笑)
あ、それうちの子です(汗)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ミルク育児のトピックス

Copyright© ミルク育児はエレガントに , 2019 All Rights Reserved.