粉ミルク用に最適な水とは

ミルク育児グッズ

粉ミルクに最適な水とは?ミネラルウォーターをおすすめ出来ない理由

更新日:

出産してミルク育児となったら、なるべくなら安全で美味しいミルクを飲んでもらいたい!というのが親心的にあるかと思います。
特に母乳をあげれないという状況下だと神経質気味になりがちですし。
そうすると大都市などに住んでいる方の中には「水道水はちょっと…」となり「ミネラルウォーターがいいかなぁ」となりがちです。
しかし少し待ってください!実は赤ちゃんのミルク作りにはミネラルウォーターはあまりよくありません。

ミネラルウォーターがミルクを作るときに良くない理由

生まれたばかりの赤ちゃんは腎臓がまだ発達していません。
また血液成分の調整力が弱いため、ミネラルが多く含まれるミネラルウォーターでは体への負担が大きいのです。

ではこの赤ちゃんに与えるお水問題はどのように解決すればよいのでしょうか。
それにはちょっと特別な「お水」を利用することで解決できます。
結論から言えばミネラルを含んでいない「純水」でミルクを作ることが1番安全です。

ミルク作りにベストな水

ミネラルウォーターにも種類がある

rawpixel / Pixabay

実は「水」はいくつかの種類に分類されています。その種類は農林水産省のガイドラインによって区別され品名を表示することが義務付けられています。

簡単にですがそれぞれのお水の特徴を説明します。

ナチュラルウォーター

地下水源から採掘した自然な水であり、飲み水として安心して飲めるようにろ過・沈殿・加熱殺菌をしたものです。自然な水ということで1番クセがなくミネラルも少ないので赤ちゃん用のミルク作りには向いている水だといえます。

天然水(ナチュラルミネラルウォーター)

天然水とは(日本の名水として有名な)地下水源から採掘した水のうち、自然のミネラル(鉱物など)のみが含まれている軟水のことを言います。厳格な品質管理で、ろ過・沈殿・加熱殺菌などを経て出荷されています。

要はナチュラルウォーターに自然のミネラルが含まれている水のことを言います。

赤ちゃん用のミルク作りとしてはミネラル分が逆に余計ということになります。※成人が普段飲む水ということであれば1番おすすめなのですが…。

ミネラルウォーター

ナチュラルミネラルウォーターを原水として、人工的に原水同士を組み合わせたり、ミネラルを添加・調整したり、ろ過・沈殿・加熱以外の処理を行った水のことをミネラルウォーターと呼びます。こういった処理を加えることで美味しく、より安全で飲みやすい水に変えています。

しかしこと赤ちゃん用ミルクのための水に利用するとなるとこのミネラルが多くなりすぎてお腹を壊したりする原因になってしまいます。

コンビニやスーパーなどで売られている「ミネラルウォーター」はこの水が大半ですね。

飲用水・ボトルドウォーター

上記3種類以外の水のことは「飲料水」または「ボトルドウォーター」と分類されます。水道水・蒸留水・純水などを指します。

そして実はこの中に赤ちゃんにベストな水があります。

そう、それは「純水」です。純水とは限りなく不純物が入っていない水のことを言います。

 

というわけで、赤ちゃんのミルクに使用する場合の安全性からみたおすすめとしては、

純水>ナチュラルウォーター>水道水>天然水>ミネラルウォーターという順になります。

ミネラルが入ってない純水がベストで安心。ミネラル成分の低い軟水ならとりあえずは及第点ということです。

※ミネラルがたっぷり入ったものを「硬水」と言います。外国産のミネラルウォーターは最初からミネラルが多く硬水の場合がほとんどです。

一見すると売っているお水はどれも良さげに見えますが、赤ちゃんに与えるための水と考えた場合は純水が1番安全だということになります。

では純水を利用するにはどうしたらよいのでしょうか。

先程も述べたようにコンビニやスーパーで売られているお水のほとんどがミネラルウォーターと呼ばれるミネラルが含まれた商品です。

そこで赤ちゃんの安全性を重視したご家庭はウォーターサーバーを利用しているのです。

ウォーターサーバーの水の種類も先の分類のように様々です。その中に「RO水」と呼ばれる水があります。

RO水

RO水とはRO膜(逆浸透膜)という「ろ過装置」を使って雑菌や不純物(塩素やミネラルさえも)などを限りなく取り除いた水のことを言います。

つまりは文字通りの「純水」になるので安全で赤ちゃんにはとても安心となるのです。

ただ大人がそのまま飲む際には(ミネラルがない分)飲みにくい味わいを感じることもあるようです。

※飲みにくいのを改善するためにRO膜で除去後にあえてミネラルを添加しているメーカーもあるので、赤ちゃん用のミルク作りのためのお水を探している方は注意してください。

 

国が赤ちゃんがとるべき栄養の量を通達している

最後に赤ちゃんが取るべき栄養についての情報を載せておきます。

厚生労働省の「乳児の食事摂取基準」という資料があります。この中には事細かく乳児が1日に取るべき必要な栄養素が記載されています。

逆に言えばこの基準値以上の栄養の摂取は推奨していないことになります。

生まれたばかりの赤ちゃんの食事は母乳か粉ミルクだけです。

母乳で育てる場合はお母さんの母乳の質により栄養値が変わります。

粉ミルクの場合は赤ちゃんに必要な栄養をきちんと考えて作られています。そしてその粉ミルクの栄養は(ほぼミネラルのない)水道水で調乳される事でちょうど良い値となるように考慮して製造されています。

つまり水道水よりもミネラルを含んだ水(ナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーター、ミネラルウォーター)でミルクを作って与えると基準オーバーの栄養分(ミネラル分)を与えてしまうことになります。

これが赤ちゃんにとってミネラルが多い水を与えてはいけないという理由の1つとなっています。
そういった意味でも赤ちゃんのミルク作りにはRO水(純水)が最適だということになります。

まとめ

というわけで赤ちゃんのミルク作りにミネラルウォーターを使用してはいけない理由を述べてきました。
一番気を付けないといけない人はすでにご自宅にミネラルウォーターを利用できる環境が整っている方でしょう。
良かれと思ってミネラルウォーターをミルク作りに使用し、赤ちゃんがお腹を壊したのでは目も当てられません。
今回を機にこれから生まれてくる赤ちゃんのためにも少しだけご家庭の「お水」に関して考えてみるのをおすすめいたします。

水道水・RO水どちらにするにせよ、念のため必ず「沸騰」させてからミルクに使用しましょう。
どのみちミルクは「人肌の温度で」という鉄則があるので温度の高いものを使用せざるをえませんが。

赤ちゃん用のウォーターサーバーをご検討されている方は「ウォータースタンド」という製品がおすすめです。
詳しくは以下の記事をご覧ください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ミルク育児グッズ

Copyright© ミルク育児はエレガントに , 2019 All Rights Reserved.