このサイトについて

ミルク育児での経験をブログを通じて伝えたい

完全ミルク育児で子供を育てることになった私たち夫婦。赤ちゃんを育てる事自体が初めてなうえ、完ミを実践していくのもわからないことだらけ…。始めたばかりは色々と戸惑いました。しかし家族や出産でお世話になった病院、地域の保健師さんたちからの様々な助けを借りてなんとかなんとかこなしてきました。そして今では無事にミルクを卒乳し、元気にモリモリ幼児食を…普通に大人のご飯もw食べています。
終わってしまえば楽しかった思い出ですが、完ミ実践中は悩んだり、辛かったり、わからなかったりと大変でした。そんな完全ミルク育児をしてきた経験を今現在、完ミやミルク育児を実践中でお悩みのお母さん、お父さん、そのご家族のために何かヒント、アドバイス、参考になるような情報をお届けしたいと思いました。このサイトを通じて少しでもミルク育児中の悩みなどが解消されることを願っています。

ミルク育児情報の内容について

このブログサイトの情報は私(たち夫婦)が実際に完全ミルク育児を行った経験を元に掲載しております。
ミルク育児中にわからないことは産婦人科医さんや看護師さん、保健師さんなどに聞きました。
また、出産や育児などの書籍も購入して参考にしながら実践したことを掲載しております。
ミルク育児は赤ちゃんの個人差によって変わってきます。当サイトの情報が""絶対に正しい"わけではありません。あくまでも1つの参考例としてお役立てください。
どうしてもミルク育児で不安な時には出産された産院の先生や看護師さんなどにしつこいぐらい電話で質問しましょう!誠実に答えてくれるはずです。(中には対応の悪いところもあるようなので、そんなときは地域の保健師さんや小児科などに相談しましょう)

私の家族について

地方在住のサラリーマン。チラシやWebのデザインなんかの仕事をしています。低収入(汗)ですが、わりかし時間や休みの融通が利く会社なのでずるずると働き続けています。
育児のために育休4か月を取得し、期間中は毎日、妻と一緒に完全ミルク育児をしていました。育休明けも会社からの帰宅後~子どもが寝るまでの間の授乳は担当していました。

私の妻

持病のため母乳での育児をあきらめ完ミを決意。
ピアノ講師として出産してから2か月後に仕事を再開。仕事中は(育休中の)旦那である私がミルクや育児を担当していました。私の育休明け後は妻の実家に子どもを預けて仕事(平日の約2時間前後)していました。
早期に仕事に復帰できたのも完全ミルク育児ならではのメリットでしょう。

私の子供

生後10ヵ月でミルク卒乳。
ミルクはがぶがぶ飲んでいたので完ミ中は「飲みすぎ」のほうで心配になる。
食欲旺盛で離乳食もバクバク。幼児食もバクバクとミルクで育ったから…なんて全然きにならずに元気いっぱいです。

更新日:

Copyright© ミルク育児はエレガントに , 2019 All Rights Reserved.